高齢医療問題を抱えているのは日本だけじゃない!チャートから見る各国の事情

高齢化が問題となっているのはどうやら日本だけではないようです。

オランダのアムステルダムから南に15kmほどに位置する「ホーゲワイ」という小さな村では、なんと住民全員が後期の認知症になってしまっています。

記事タイトルになっている英語のポイントはこちら!

dementia: 認知症
こちらは高齢化や社会問題などを扱うテーマでよく登場する単語ですね。

「痴呆」とも訳すことができますが、「痴呆」は厚生労働省によって「認知症」と改称されていますので「痴呆」よりも「認知症」という言葉を使うようにするといいと思います。

関連としては、dementia care で認知症治療dementia medication で認知症治療薬など。

chart : 図、表、グラフ
日本語でもチャートと言ったりしますが、chart の一単語で図や表、グラフなどを一括りに表すことができます。

ちなみに動詞だと「〜を図表におこす」といった意味もあります。

記事の中には高齢者医療の中でも特に「認知症」に関わる数々のデータが登場していて、なかなか興味深いデータとなっていて一見の価値ありです。

医療に関する頻出単語はこれだ!

記事本文で扱われている要チェックの英単語についても少しだけご紹介します。

geriatric : 老人病の

こちらは「高齢者の」とか「老人病の」といった意味を持つ形容詞です。

社会保障や高齢社会問題を扱うときに押さえておくときっと役に立つと思います。

経済英語を学ぶならランケンスクールで!

記事中で紹介している「Financial Times」は世界で最も格式の高い経済新聞。

内容をしっかりと理解するためには「英語力」はもちろんですが、それに加えて経済の仕組みや構造といった「経済リテラシー」が欠かせません。

インフレ? 金融政策? GDP?

そういった経済の基本をしっかりと身につけた上で、一緒に「Financial Times」を読み進めていきましょう!

授業の内容や教材は経済や英語の初心者にも分かりやすく作られています。

ひとつひとつ基本をしっかりと理解して読み解いていくことで、英語で必要な情報を取得し、使いこなすためのスキルを一緒に身につけましょう!

「経済リテラシー」と「英語」の両方を身につけるならランケン経済英語スクールで!

 

運営:ランケン(@fxzar)
記事:天野盛介(@sei_lonlon)

イタリアがEU離脱?!イタレグジットの可能性について

日本ではブレグジットの話題が大きな注目を集めましたが、ヨーロッパではイタリア政府が抱える負債が大きな問題になっています。

その借金返済のために、イタリアではなんと「ユーロに変わる独自の通貨を作ろう!」という議論が盛んに行われているようです。

もしイタリアが独自通貨の発行に踏み切れば、EUからの離脱(イタレグジット)という事態にもなりかねません。

さて、その可能性とはどのくらいあるのでしょうか?

記事の中の英語に登場する英語をいくつか見ていきましょう。

medium of exchange: 通貨

mediumには媒体という意味があります。

テレビや新聞などをmedia (media)と言ったりしますが、これもようは情報を媒介するものといった意味ですね。

今回は「交換の媒介」なので通貨と訳すことができます。

 

denomination : 通貨単位

元々の意味は「通貨の単位」を表す言葉です。

それ以外にも経済用語としては、通貨の名前や単位を変更することを指したりもします。

例えば1ドル=100円のところを、1ドル=1円になるように通貨の切り下げを行うといった形など。

 

face value : 額面

faceもvalueも馴染みのある単語ですが、この2つがくっついてface valueとなるとちょっとその意味に詰まってしまいませんか?

faceには顔という意味の他に、「向かい合っている」「直面する」といった意味がありますので、目の前にある価値、つまり額面といった意味になります。

 

in breach of: 違反となる

breach

という単語には、ルールや契約の違反や権利の侵害という意味があります。

『BLEACH(ブリーチ)』という名前の漫画がありますが、rがlに変わってしまうと漂白や脱色を意味する別の単語になってしまうので気をつけてくださいね。

 

天野盛介(@sei_lonlon)

国名に定冠詞が付く場合とは?

日本のニュースでもどこかで見たんですけど、女性がサメに噛みつかれた時の写真です。
サメは血のニオイに反応するので、慌てて逃げ出したそうですが無事でよかったですね。

 

英語としては the Bahamas を押さえておきたい所です。
国名ですけど、日本はJapanと言う時に定冠詞のtheを付けたりしませんよね。

 

原則としては国名に定冠詞は付けませんが、一部付ける国がありまして、小さい島々からなる国は割と定冠詞が付きます。

 

これ、TOEICの文法テストで結構出るので覚えておいて損はありませんよ。

他には、the Philippinesなんかも有名で、よくTOEICやTOEFLで出てきます。

 

大事なのを忘れてました。

The United States of America

も定冠詞つきますね。

複数形の場合に定冠詞が付くって見方もいいでしょう。
要するに、完全に固有名詞と化してない単語を使う国で、Theを付けないとどれか分かりにくい国につくと考えると覚えやすいかも。

アメリカの場合は、アメリカって言っても大陸を指すのか南米を指すのか分かりにくいでしょって話です。

 

それから、イギリスも同様ですね。
The U.K. はThe United(連合) Kingdom(王国) ですが、やっぱりどこの王国の連合か分からないので、Theがつかないといけません。

 

バハマもフィリピンも同じで、島が多過ぎて、どれか分かりませんが、Theを付けると全体として国名を言ってるのねって話になります。

 

給料の増え方とインフレ率(Far from)

ユーロ圏の賃金の伸びが強いとのニュースが出ています。

給料が伸びてるってのは人が足りないから、企業が給料を上げて人を集めると言う側面とインフレ率で上がる側面があります。

 

給料は少なくともインフレ率と同じぐらいは伸びてくれないと困りますよね。

この部分がいわゆるベースアップ(ベア)です。

日本みたいに人が足りなくても賃金が伸びない国もある訳ですが、これはインフレ率が低いからです。

残念ですね。

 

さて、英語はFar fromって言い方は是非覚えておきましょう!

“Far from ~”は「すっごい~ではない!」

な感じです。

“Far from average”(平均どころじゃない)とか”Far from expensive”(超安い!)みたいな感じで逆説的に使います。

 

ちなみに、下記で使われてる”wage growth“は「賃金の伸び」です。
なので、「ユーロ圏の賃金の伸びはすっごい異常なまま!」がタイトルです。

どう異常かは本文見ると分かるんですけど2%も上がってます。
月収30万円だとすると6000円上がった事になりますね。
うらやましい~!