OPECの石油をめぐる仲の悪さ

原油と言えばOPECです。
OPECってご存知ですか?
石油輸出国機構って奴で、中東の原油産出国が原油の産出量なんかを決めてます。

 

OPECは世界の石油価格に対して大きな影響力を持ちますが、これに参加してる国々はあんまり仲が良くありません。
なんでかって言うと、上で書いたように産出量を決める際に、一緒にやらないといけないんですけど、それは収入が減ったり増えたりするんですよ。
そうなると、ちょっと少なめに報告しておこうかって全員が考えちゃいます。
結果として、下にあるようにサウジアラビアは正しく報告してないじゃないかってお互いの不信感を生みます。

 

また、利権そのものなのでオトナの都合みたいな話もたくさん出てきます。
なので仲が悪いんですね。

 

英語としては、下記に表されているように、tensions within OPEC ですね。
「OPEC内で緊張がある」みたいな訳になりますが、緊張の理由は前述の通りでして、ヘタすると戦争かってな位になります。
独裁者みたいな国がOPECの中には多いので揉めるんですよね。

 

あと、

outputは「出力」ですが、むしろこういう場合は「生産力」と捉えないと理解しにくい

ように思います。

文章の前半でproductionとの単語も出ていますが、同じ意味合いです。

 

同じ言葉を何度も使うとボキャブラリーのない子供みたいになるので単語を変えてるだけで、こう言うのは割としょっちゅう出てきます。

 

問題は全部の国がたくさん生産したいんですけど、生産し過ぎると価格が下がってしまう事なんですよね。
なので、whether to boost outputという言葉になります。
文法としては、

whether to ~ は「すべきかどうか」

になります。Whetherは「~するかどうか」ですが、toが付いてるのでもう少し強い表現になります。

 

また、boostは「引き上げる」です。

 

最初の方に出ているdiscrepancyは「違い」です。
要は、前にno specific requirementって記載があって、どう正しく報告するかの明確な要件が無いので、報告する度に基準が変わったりしてるんでしょう。
そりゃ、信用されませんよね(笑)。

Follow me!