ジョンソンエンドジョンソンの売上と株価下落 (share)

経済英語スクールをやってて、結構皆様が分からない単語に share があります。
share は「共有する」と言う意味で、「ランチ、シェアしようよぉ」なんて言いますが、経済やビジネスの世界ではちょっと違います。

経済やビジネスの世界で share が名詞で出てきたら大体は「株」を意味します。

名詞なのがポイントですね。

 

その他、海外ニュースで頻出は lower と言う単語。
これは、low (低い)と言う形容詞の動詞形で、「下がる」です。

ですので、下記の文章は「ジョンソンエンドジョンソンの売り上げ予想が下がり、株価も下がった」と言うタイトルですね。

 

中国のGDPの伸び率悪化 (GDP growth)

中国のGDPの伸び率が悪化しています。

GDPは中学とかで勉強したはずですが、あれ何が重要だと思います。

経済の世界ではやっぱり growth です。

 

伸び率が意味する事は、

 

その国の国民がちゃんと豊かになっているかどうかを知りたい

 

んですよね。

 

日本も高度経済成長期って奴がありまして、その時は非常に高いGDPの伸び率を記録していました。

近年は成熟して余り成長余地がなかったりしてまして低成長に甘んじてますが。。。

 

で、下の記事ですが、今の世界の経済を引っ張ってるのはアメリカと中国です。

特に中国の経済は日本の経済にも大きな影響をもたらすので、中国の伸び率はしっかり見ておきたい所です。

 

 

給料の増え方とインフレ率(Far from)

ユーロ圏の賃金の伸びが強いとのニュースが出ています。

給料が伸びてるってのは人が足りないから、企業が給料を上げて人を集めると言う側面とインフレ率で上がる側面があります。

 

給料は少なくともインフレ率と同じぐらいは伸びてくれないと困りますよね。

この部分がいわゆるベースアップ(ベア)です。

日本みたいに人が足りなくても賃金が伸びない国もある訳ですが、これはインフレ率が低いからです。

残念ですね。

 

さて、英語はFar fromって言い方は是非覚えておきましょう!

“Far from ~”は「すっごい~ではない!」

な感じです。

“Far from average”(平均どころじゃない)とか”Far from expensive”(超安い!)みたいな感じで逆説的に使います。

 

ちなみに、下記で使われてる”wage growth“は「賃金の伸び」です。
なので、「ユーロ圏の賃金の伸びはすっごい異常なまま!」がタイトルです。

どう異常かは本文見ると分かるんですけど2%も上がってます。
月収30万円だとすると6000円上がった事になりますね。
うらやましい~!