高齢医療問題を抱えているのは日本だけじゃない!チャートから見る各国の事情

高齢化が問題となっているのはどうやら日本だけではないようです。

オランダのアムステルダムから南に15kmほどに位置する「ホーゲワイ」という小さな村では、なんと住民全員が後期の認知症になってしまっています。

記事タイトルになっている英語のポイントはこちら!

dementia: 認知症
こちらは高齢化や社会問題などを扱うテーマでよく登場する単語ですね。

「痴呆」とも訳すことができますが、「痴呆」は厚生労働省によって「認知症」と改称されていますので「痴呆」よりも「認知症」という言葉を使うようにするといいと思います。

関連としては、dementia care で認知症治療dementia medication で認知症治療薬など。

chart : 図、表、グラフ
日本語でもチャートと言ったりしますが、chart の一単語で図や表、グラフなどを一括りに表すことができます。

ちなみに動詞だと「〜を図表におこす」といった意味もあります。

記事の中には高齢者医療の中でも特に「認知症」に関わる数々のデータが登場していて、なかなか興味深いデータとなっていて一見の価値ありです。

医療に関する頻出単語はこれだ!

記事本文で扱われている要チェックの英単語についても少しだけご紹介します。

geriatric : 老人病の

こちらは「高齢者の」とか「老人病の」といった意味を持つ形容詞です。

社会保障や高齢社会問題を扱うときに押さえておくときっと役に立つと思います。

経済英語を学ぶならランケンスクールで!

記事中で紹介している「Financial Times」は世界で最も格式の高い経済新聞。

内容をしっかりと理解するためには「英語力」はもちろんですが、それに加えて経済の仕組みや構造といった「経済リテラシー」が欠かせません。

インフレ? 金融政策? GDP?

そういった経済の基本をしっかりと身につけた上で、一緒に「Financial Times」を読み進めていきましょう!

授業の内容や教材は経済や英語の初心者にも分かりやすく作られています。

ひとつひとつ基本をしっかりと理解して読み解いていくことで、英語で必要な情報を取得し、使いこなすためのスキルを一緒に身につけましょう!

「経済リテラシー」と「英語」の両方を身につけるならランケン経済英語スクールで!

 

運営:ランケン(@fxzar)
記事:天野盛介(@sei_lonlon)

ヤギが大量に逃げ出した (dozens of)

なんかヤギがあふれて大変な事になってますが、アイダホだそうです。
ヤギレンタルビジネスを起こそうとしたんですかね(笑)。

 

1ダースって言うと12本ですが、このダースは英語ではdozenです。
dozens of は「何十もの」と言う意味合いです。

割と基本ですが意外と知らない人も多いです。
TOEICにも出ますのでしっかりと覚えましょう。

 

invadeはインベーダーの動詞形ですが、「侵入する」って悪意を持たない場合も使われます

それにしてもヤギ可愛い気がします。

世界最強の殺人生物の撲滅は近いか (mosquito)

割と有名かもしれませんが、世界最強の殺人生物って何かご存知ですか?

「蚊」です。

英語では mosquito です。

(ちなみに、第二位は「人間」です。。。)

 

主にマラリアを人に感染させる事が原因で、熱帯地方の発展途上国ではまだまだ死者が多く出ています。

蚊を媒介とした病気で死ぬ人の数は年間70万人とされており、日本で言うと静岡市ぐらいの人口に相当します。

毎年、静岡市が蚊にやられて蒸発すると思うとスゴイ数字ですよね。

 

更に悪い事に、マラリアなんかは脳炎を引き起こすため、後遺症で苦しむ人もいます。

従って、死亡者数以上の被害が実はあります。

 

このため、あのマイクロソフト創業者のビルゲイツもマラリアは撲滅する必要があるとして、慈善団体を作ってマラリア退治に彼の財産をつぎ込んでいます。

 

下記のニュースは「オーストラリアの科学者が、病気を持った蚊の80%以上を退治する実験に成功した」との話です。

どうやったかと言うと、不妊バクテリアを持ったオスの蚊を放してメスと交尾させたんだそうです。

なかなかにスゴイ話ですね。。。

 

experiment : 実験

wipe out : 拭く、消す

 

なお、mosquitoは割と口語でも使います。

mosquito, itchy って叫んだ事が何回かアメリカに住んでた時にありました。

TOEICでも出る時あるので、覚えましょう!

 

 

国名に定冠詞が付く場合とは?

日本のニュースでもどこかで見たんですけど、女性がサメに噛みつかれた時の写真です。
サメは血のニオイに反応するので、慌てて逃げ出したそうですが無事でよかったですね。

 

英語としては the Bahamas を押さえておきたい所です。
国名ですけど、日本はJapanと言う時に定冠詞のtheを付けたりしませんよね。

 

原則としては国名に定冠詞は付けませんが、一部付ける国がありまして、小さい島々からなる国は割と定冠詞が付きます。

 

これ、TOEICの文法テストで結構出るので覚えておいて損はありませんよ。

他には、the Philippinesなんかも有名で、よくTOEICやTOEFLで出てきます。

 

大事なのを忘れてました。

The United States of America

も定冠詞つきますね。

複数形の場合に定冠詞が付くって見方もいいでしょう。
要するに、完全に固有名詞と化してない単語を使う国で、Theを付けないとどれか分かりにくい国につくと考えると覚えやすいかも。

アメリカの場合は、アメリカって言っても大陸を指すのか南米を指すのか分かりにくいでしょって話です。

 

それから、イギリスも同様ですね。
The U.K. はThe United(連合) Kingdom(王国) ですが、やっぱりどこの王国の連合か分からないので、Theがつかないといけません。

 

バハマもフィリピンも同じで、島が多過ぎて、どれか分かりませんが、Theを付けると全体として国名を言ってるのねって話になります。

 

世界一のガラスの橋で学ぶ高さの単位(feet)

中国にある世界で最も高いガラスの橋でバンジージャンプが出来るようになったそうです。

橋自体が床がガラス張りの部分があって歩くの怖いらしいですけど、飛び降りたいってんだから狂ってますよねぇ。。。

バカと猿は高い所が好きなんて言いますけど、高い所に行きたいだけじゃなくて飛びたくなっちゃうのは、どう言うバカなんでしょうか。

下記の記事には高さが853フィートとされています。

 

1 footはおよそ30cm

 

ですので、853-footは250メートルぐらいです。

厳密には1フィート(もう、この時点で複数形にしちゃうから日本語にするとおかしいんですけどね。。。)は30.48cmだそうですが、実用上そんな計算する人はあまりいませんし覚えにくいので、ざっくりと30cmと覚えましょう。

 

英語で知っておきたいのは853-footのfootが単数形な事。

複数形はfeetですので、853 feetになりますが、

 

名詞の後にハイフン(-)を入れると数の単位は単数形にする

 

必要があります。