アメリカの金利をめぐる動き

■ アメリカの景気は良好

アメリカの政策金利は5月時点で2.50%となっています。

日本と違って転職が一般的なアメリカではこの数字は「ほとんど完全雇用」と言っていいような数字です。

つまりアメリカの景気は「いい」わけですね。

そうなるとアメリカの中央銀行であるFRBは金利を「維持したい」、もしくは「上げたい」と考えます。

じゃないと経済が過熱してしまうかもしれませんから。

 

■ だけどトランプのせいで経済が混乱するかも??

ところが、トランプはメキシコ政府に対して「メキシコからアメリカへの移民を減らすのに協力しないと関税をあげるぞ」とずっと脅しています。

もし、メキシコがトランプの要求に応じずにトランプがメキシコ製品への関税を上げたら、アメリカ経済は大きな打撃を受けてしまいます。(アメリカ企業の多くはメキシコに工場を持っていたり、メキシコの企業に製造を任せています)

アメリカ経済が大きな打撃を受けると、FRBは今度は金利を切り下げなければ行けなくなります。

さて、トランプとFRBの駆け引きはどうなるのでしょうか。

 

記事の中の英語では、次の点がポイントになっています。

cut : (金利の)切り下げ
「〜を切る」といった意味の「cut」ですが、これにはコストカットなどというときの「削減する」という意味があります。

今回の記事では金利の話をしていますので”cut”という言葉が出てくればそれは「金利の切り下げ」を指します。

probability of four cuts”とはすなわち「(金利の)切り下げを4回行う可能性」といった意味になります。

treasury : 国債
”treasure” と同じく「宝物」を意味する”treasury”ですが、こちらは国庫や財務の意味で使われることが多い言葉です。例えば、Treasury department だと財務省です。

中でも”treasury”はアメリカの国債を指して使われることが多く、償還期限が1年以内の”treasury bills”、10年以内の”treasury notes”、10年超の”treasury bonds”の3種類が存在します。

yield : 利回り

”yield”には「収穫高」や「利回り」といった意味があります。

 

dropped to a two-year low of : 過去2年で最低の〜まで落ち込む

X year low で、「X年来の」「このX年間における」「X年振りの」最低値・最安値という意味になります。

 

天野盛介(@sei_lonlon)