Looking for


About Us

ランケン経済英語スクール
info@rankenschool.com
03-4582-3747
東京都新宿区西新宿6-5-1 
新宿アイランドタワー20階
モバフ新宿アイランド

初めてのTOEFL

英語に対して苦手意識があったのに、留学なんて大それた事を考えた20歳の頃ですが、まずは英語のテストでも受けてみるべぇなんて思いました。
留学のための英語のテストにはTOEFLってのがあります。
これは、アメリカ(北米)の大学や大学院に入るための英語テストと言う位置づけと考えていいでしょう。

Test of English as a Foreign Language

の略で、直訳すれば外国語としての英語テスト。

TOEICと似ていますが、TOEICは

Test of English for International Communication

の略で、コミュニケーション能力を測るためのものです。
なので、日常会話に近い内容がテストで出てきます。

どっちが難しいかと言えば明らかにTOEFLでして、TOEFLは会話のための英語なんてほとんど出てきません。
大学の教科書を読めるかとか、文章を書けるかと言うレベルの英語になります。
どれだけ英語を使えるかって感じのテストです。

個人的には、TOEFLの方がTOEICよりは今の時代いいと思うんですけどね。
昔は顔を突き合わせて、コミュニケーションしたりって事が多かったでしょうが、今の時代はメールやドキュメントでやり取りする方が多いので、Reading と Writingに重きが置かれるTOEFLの方が仕事上は役に立つと思います。

という所で受けてみた最初の英語テストTOEFL。
結果は予想通りの惨敗。。。
3割も解けなかったですね。

現在のTOEFLではなくて昔ですが、点数は430点ぐらい。(現在のTOEFLスコアで117点)
TOEICで言うと400点。。。
Oh my goodness...

げっ。。。

>無料イントロクラスに申し込む
(クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)

留学に必要なTOEFLレベル

アメリカの大学に入るには、当然ながら英語力が求められます。
どれぐらい高いレベルかと言うと下が目安になるとされていました。
下はあくまでも最低点でして、これがクリア出来れば合格ってもんではありません。

必要十分条件で言うと必要条件になります。

Community College TOEFL 450点 (TOEFL コンピューター版 133点)
大学の学部 TOEFL 500点 (TOEFL コンピューター版 173点)
大学院理系 TOEFL 550点 (TOEFL コンピューター版 213点)
大学院文系 TOEFL 600点 (TOEFL コンピューター版 250点)

ランケンは理工系で大学院に行かないと意味がないと考えていましたので、最低でもTOEFL 550点は取ろうと考えていました。
第一志望だったUniversity of Washingtonでは理系であっても600点は必要みたいな感じ。
でも、勉強を思い立った時は430点。。。

TOEFLは3科目(リーディング、グラマー、リスニング)の偏差値の平均を10倍して表されていますので、430点は偏差値43。。。
これを偏差値60にしないといけない訳です。。。

しかもTOEFLは世界中の留学したい人ばっかり受験してるテストでして、スイス人やフランス人も受験してるんです。
つまり、結構ネイティブに近い人も受けてる訳で、受験生全体としてのレベルが高い。
当時のランケンも普通の日本人の中なら偏差値50は届くと思うのですが、43まで下がっちゃうのはそういう理由です。

Oh, No... Cannot make it...

ダメでしょ。。。

>コラムを読む

とりあえず英語の勉強

留学を思い立って学費は日本で私大理系に行くならアメリカの公立大学の授業料と大差ない事が分かったんですが、英語の壁は相当高い事も分かってきました。
まだ大学二年生でしたし、4年生で就職活動が始まるまでは結構時間があるかなぁと。
とりあえず、勉強するぞ!って思いました。

TOEFLは試験が毎月あるので、試験を毎月受ける事にしました。
今ほど受験料も高くなかったので、毎月受けて10点ずつスコアを上げれば430点が17か月で600点になる。
そのペースで上がれば卒業する前にはTOEFL届くなと。

しかも、3科目で10点ずつなら各科目の偏差値を3上げればいいや。
2年あれば大丈夫だよ、なーんて取らぬ狸の皮算用。
今、勉強しなくてどうする?とか一人で熱くなってました。

とりあえず、前回の惨敗の理由を分析してみると、全然時間が足りなかった。
ボキャブラリーが圧倒的に足りてないので、グラマーのテストもグラマー以前に文章の構造が分からない。。。
動詞が見抜けないと英文の構造が分からないんですよね。
それで時間がかかる。

偏差値60とかって目指すにはボキャブラリーは避けれない。
とりあえず覚える事にしました。

I made up my mind!!!
決めた!


>無料イントロクラスに申し込む
(クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)

ボキャブラリーの付け方

ボキャブラリーは覚えるのみです。
とはいっても、ランケンは理屈抜きで覚えるのが大の苦手。。。
どうやって覚えたかを書きましょう。

1日100個覚えるんです。
覚えられる訳ないって?
その通り、覚えられない。

毎日100個覚えるでしょ。
翌日10個付け足すんです。
で、覚えた奴を10個減らす。

また、翌日新しいのを10個増やして、覚えた奴を10個減らす。
これを毎日繰り返すんです。

しかも、ひたすら書く。
100個をA4のチラシの裏紙かなんかに延々と書くんです。
100個を10回とか書くです。

これ、しばらくやるとボキャブラリーがかなりついてきますよ。
お試しあれ!
大変ですけどね。。。

>無料イントロクラスに申し込む
(クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)

TOEIC, TOEFLの伸び方

TOEFLであれ、TOEICであれ、点数の伸び方って恐らく似てます。
TOEICなら600点ぐらいまでは比較的サクサクっと伸びると思います。
ちょっと問題集を買って勉強すると半年もせずに割といけてしまう。

ランケンの会社なんかでも半分以上の人はTOEICの600点はさほど苦労せずに取ります。
一部、苦労してる人もいますが。。。
なんででしょうか?

個人的には基礎的な単語力があるからなんだと考えています。
要するにボキャブラリー。
文法も割とボキャブラリーに近い所があって、中学・高校で概ね勉強は終わってるはずです。
問題はその先です。
TOEICの600点から上は、相当壁が厚くなってきます。

ランケンもTOEFLの500点は割とすぐに出ました。
当初は430点だったんですが、半年でとりあえず500点は到達です。
TOEFLで500点あると、学部編入の道が出来ます。

いい大学にとか思わないでどこでもいいや位なら大丈夫。
どっかには行ける。
ただし、大学院には足りない。

当初、毎月10点上げるとかって意気込んで430点が半年もかからずに500点までいったので、なんだ楽勝かもぉなんて思い出してました。
ところがです。。。
510点が2回、520点ぐらいが3回連続してしまったんです。。。

大学院の進学には550点が必要なんですが、これには参りました。
TOEICで言うと680点とかその辺で壁にぶち当たります。
半年ぐらいそこにいましたね。

それでも、メゲズに頑張って550点に到達したのが大学4年生になったころ。
TOEFL500点から550点まで1年かかった感じです。
TOEICだと600点から750点まで1年って感じでしょうか。

いやぁ、長かったぁ。
とりあえず、大学院の最低レベルに到達できました。
第一志望のUniversity of Washingtonには600点欲しい所です。

>無料イントロクラスに申し込む
(クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)

Access@新宿

関東ならどこからでも便のいい新宿にあります!
場所は新宿の高層ビルの1つ新宿アイランドタワー20階です。

上の写真は受付の写真ですが、受付の右奥にてスクールを土曜日に行っています。

新宿駅から普通に歩ける距離ですが、丸ノ内線を使われる方であれば、西新宿駅はビルと直結していますので、雨が降っても傘いらずです!


下の地図をクリックすると、地図アプリに飛びます。
新宿の英語スクール

>無料イントロクラスに申し込む
(クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)

★Success Stories

★30代女性(会社員)

Financial Times(イギリスの経済新聞)が読めるようになりました!
今は、Financial Timesが読みやすいと感じられます。
普段から英字新聞を読むようになれました。

★20代女性(会社員)
経済初心者で飛び込みました。
授業で扱ってるWall Street Journal などの内容が難しくて日本語に訳してもさっぱりわからなかったのですが、
先生がその記事を読むのに必要な基礎知識や情報を教えてくれるので私でも理解できています。
経済のしくみがわかってくると授業が面白いです。
今では本や経済週刊誌を読んでいて楽しいです。


★20代男性(公務員)

経済のリテラシーが付き、日経新聞の経済面も読めるようになりました。
日本の将来が心配になってきましたが。。。
英語ももっと頑張りたいです!


★40代女性(主婦)

今までにないスクールで楽しかったです!


★30代女性(会社員)

FXを始められました。
世界経済の話から自分の投資まで落とし込めるのは楽しいです!
どのクラスも面白かったです!

★30代男性(会社員)

経済の動きが具体的に分かりました。
英語の必要性を更に感じています。

★30代男性(会社員)

講師の先生の話が具体的で分かりやすかった。
実際に世界の市場で投資もやってる人なので、話が具体的でとても面白い。

★40代女性(アナウンサー)

英語も怖くないかもと思えました。

★20代男性(会社員)

世界情勢が分かるようになりました。
経済の構造が分かると、次の世界を考えられるようになって議論ができて勉強になります。

★20代男性(会社員)

ネットの英語に抵抗がなくなりました!
なんとなく知っていた情報が整理・体系化されました。

★40代男性(自営業)

FXで投資をしています。世界の情勢で為替レートが動くため、参加しました。講師の先生がやたらと投資やトレードの話に詳しく非常に面白いです。

>無料イントロクラスに申し込む
(クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)