ライドシェアとUberビジネス

孫さんが乗り合い自動車を禁止するなんてバカな国だと発言してましたが、Wall Street Journalでも取り上げられています。
確かにこの規制が無いといけない理由が分からないですよね。
タクシー業界を守りたいと言う事なんでしょうけども、自動運転が出来るようになる時代ですから必然だと思います。
早いところ規制を撤廃すべきでしょう。

 

さて、英語の方は、ride-hailingとride shareと言う2つの言葉が出てきます。
アメリカではride shareと言うと学校に行くときに友達と一緒の車に乗ってったりすることをさします。
広大なアメリカはあまり公共交通機関のバスや電車が発達していないもので、基本的な移動手段は自動車です。

 

ここで問題になるのが、ガソリン代とハイウェイ(高速道路)。
特にハイウェイが混むのが問題です。

 

なので、交通量を減らしたいため、ride share専用車線なるものがあります。
ハイウェイの一番端に2人以上乗ってないと通れない車線と言うイメージですね。(片側4車線の一番左とか、そんな感じ)
これが空いてるのでストレスなく通れまして、通勤や通学も時間をあわせて一緒に帰る人をあちこちで探してます。
特に学生なんかは夏休みで遠い実家に帰るとなると、ガソリン代をシェア出来るというのは結構大きいみたいで、あちらこちらでride share募集をかけてたりします。

 

と言う所で、ride shareと言うのは基本的にビジネス目的ではなくて、ボランティア要素が強いものです。

 

一方で、ride-hailing は通常ride-hailing serviceと言って自動車の配車サービスビジネスです。
有名なところではUberあたりが展開しているサービスで、完全にビジネスが目的です。
ですので、Uberのビジネスをride shareと言うと語弊があるので、使い分けています。

 

hailは「雹(ヒョウ)」と学生のころには習ったかとも思いますが、

hailの動詞は「タクシーを拾う」と言う意味があります。

ride-hailingとride shareと言う2つの言葉の違いを覚えておきましょう

アメリカに行った時に割と使えるかもしれませんよ。
Uberでタクシーを呼びたい時にride share頼むんだって言うと、変な顔されるかも、ぐらいですけどね。

また、allowもこのタイトルのような使い方、割と多くします。

allowは「許す」と言う意味になりますが、逆に言うと何か良くない事が裏側にあるので、否定的な文言が後に続いたりすることが多いです。
by not allowing で「何かを許さないことによって~」と言う言い方になります。

 

慣用句として覚えてしまってもいいレベルです。

 

Follow me!