Looking for


About Us

ランケン経済英語スクール
info@rankenschool.com
03-4582-3747
東京都新宿区西新宿6-5-1 
新宿アイランドタワー20階
モバフ新宿アイランド

なんで英語が
できないんだろう?

◆なんで英語ができなんだろう?

いつまで経っても英語ができるようにならない日本人。
何かが根本的に間違ってると感じませんか?
10年以上英語の勉強をしているのに、使えないのはなぜでしょう?


そもそも、日本人の英語の先生は英語が使えなかったりします。
英会話スクールの外人の先生はレストランでの注文の仕方や自己紹介の仕方しか教えてくれません。
実際に使える英語はどこで習うんでしょう?


と言う、当たり前の疑問に対して応えようと思い、新しい英語スクールを始めました。


なぜ、英語を使えないのか?


簡単です。
英語を使って何かを学んだ事がないからです。


◆英語の勉強は楽しいですか?

英語の勉強は面白いですか?
ツマラナイから英語の勉強を継続できないんじゃないでしょうか?


でも、面白い何か(テレビゲームでもスポーツでもなんでもいいです)を
学ぶときは時間を忘れて勉強しませんか?
そういう何かを英語で継続的に学ぶと英語が身に付きます。


具体的には、どうすれば良いのでしょうか?


◆吾輩は猫である

小説「吾輩は猫である」の著者の夏目漱石は英語の教師でした。
漱石は明治39年に、英語の勉強の仕方を以下のように述べています。


  • 英語を修むる青年はある程度まで修めたら辞書を引かないで無茶苦茶に英書を沢山読むがよい、

  • 少し解らない節があって其処は飛ばして読んでいってもドシドシと読書していくと終いには解るようになる、

  • 又前後の関係でも了解せられる、

  • 其れでも解らないのは滅多に出ない文字である、

  • 要するに英語を学ぶ者は日本人がちょうど国語を学ぶような状態に自然的習慣によってやるがよい、

  • 即ち幾変となく繰り返し繰り返しするがよい



  • かつてTOEIC400点だった私が、英語を身に付けた後に見つけた言葉ですが、その通りだと強く思いました。

    子供の頃、本を読みなさい、新聞を読みなさいって言われましたよね。
    子供の時にマンガを読んでる時であっても、読みながらマンガの登場人物の強さや弱さ、面白さを共感しながら日本語を学んできたのです。


    ◆英語ができない理由とは?

    英語ができない理由は、英語で物事を学ばないからです。
    留学生が英語を身に付けるのは、英語で物事を学んだからです。
    生活面であっても、アカデミクスな内容であっても、英語で何かを学ぶから、彼らは英語を身に付けるのです。


    知的好奇心を伴わない勉強が面白いわけがない。
    英語はExcelと同じでツールだと思っています。

    ランケン経済英語スクールは英語で経済を学ぶ新しいスクールです。
    経済と英語を1時間のクラスの中で同時に教えられる英語学校はなかなかありません。
    駅前留学の英会話スクールとは違います。


    ◆面白くするために経済リテラシーをつけよう!

    そうは言っても、いきなり経済理論を英語で勉強したりするのはハードルが高すぎます。
    ですので、「経済リテラシー」と「英語」の両方を関連づけて学べるスクールを始めました。
    英語で「経済リテラシー」なんて授業受けてもムリがありますので、ここは日本語で勉強します。
    日経新聞の読み方みたいなイメージでいいかもしれません。


    そして、「経済リテラシー」を理解した上で、それに関する英語を勉強します。
    最初の方は比較的やさしい英語です。


    The US dollar goes up.


    ぐらいの英語ですが、スクールの上級クラスは海外の英字新聞を読みます。
    中央銀行の声明文やIMFのレポートなんかを読むこともあります。


    世界の経済は非常に面白いので、まずは経済を楽しく理解できるように「経済リテラシー」を付けましょう。
    そして、それを英語で読みます!
    最終的には、漱石の言う無茶苦茶に英語を読める状況に達しましょう。


    これを繰り返せるスクールがランケン経済英語スクールです!

    >無料イントロクラスに申し込む
    (クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)

    TOEIC400点を
    900点にした秘訣

    英語の勉強ってなかなか難しいですよね。。。

    英語の勉強には苦労しました。。。

    留学の2年前の英語の実力はTOEICで400点。

    2年間の英語の勉強を経て大学院留学前に取った英語の点数はTOEICで900点!


    コラムでは英語の勉強の仕方や、英語が苦手だった人間がTOEIC900レベルを出し、
    どうやって大学院への留学にまでこぎつけたかなんてのを書いていきます。

    その他にも英語やの観点から見たキャリアなども考えてみます。

    >コラムを読む

    英語が使えると
    何がいいの?

    ◆英語の投資対効果は年間200万円!

    英語能力と給料の関係に関する調査は多くされていますが、年収で200万円以上の差があるとされています。(雑誌プレジデント2008年5月号等)
    10年で2000万円もの差が出てくることになりますし、20年間仕事で使えれば実に4000万円(!!!)もの差が付きます。

    ◆就職・転職・昇進に有利!

    英語が出来ないと昇進出来ないのはもはや当たり前です。
    日本は人口が減っていて、マーケットが縮小しています。
    世界でビジネスが出来ない会社が今後生きていけると思いますか?
    英語が出来ないと言うだけで、活躍の場を制限されるなんて人生もったいないですよね。


    ◆世界の最先端の情報をいち早く正確に取得できる!

    Web上の情報は英語が全体の70%と言われ、日本語は1%を下回るそうです。
    いかに早く正確な情報を得ることが出来るかがビジネスでも重要となってきています。
    英語で情報が取れるだけで多くの事で一歩も二歩も先に出る事が出来ます。
    この一歩の差は、とてつもなく大きな結果の差に繋がりますよね。

    >無料イントロクラスに申し込む
    (クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)

    自分の英語力にあう?
    どんな人が来てるの?

    TOEIC600点レベル以上の方であれば、問題ありません。
    特にテストはしないお気軽なスクールですが、正直、TOEIC600点以下の人にはちょっと厳しいかもしれません。

    TOEIC400点だったスクール講師がTOEIC600点を求めるのも、変な気はしますが。。。
    英会話スクールやNHKや書籍等でまずは基礎力をつけて頂く事をお勧めします。

    反対に以下のような方は是非ご検討ください!

  • TOEIC600点で伸び悩んでいる人

  • TOEIC800点の高得点がありながらも、仕事で使うにはちょっとといった人

  • 留学の経験があるけど、英語力が落ちて来てると思う人

  • TOEIC990点でも、英字新聞が読めていないと言う人

  • 英語は実は興味ないけども、経済をきちんと理解できるようになりたいと言う人


  • 5年間のスクールの受講生様で多いのは、金融機関の方が3割ほど、一般のOLや会社員の方が3割ほど、投資をしていたりしてお金の勉強をもっとしたいと言う人が3割ほどでしょうか。
    その他、お話を伺ってこちらが勉強させて頂いた方は、自衛隊の幹部の方、公認会計士の方、翻訳家の方、旅行会社の方、船会社の方などなど色々な受講生の方がいらっしゃいます!

    女性の方が若干多い印象ですが、男女比は半々ぐらいです。
    20代から50代ぐらいの方と年齢層は広いです。
    お待ちしております!

    >無料イントロクラスに申し込む
    (クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)

    Financial Times
    購読ライセンス付与

    スクールではテキスト代にFinancial Timesライセンス料が含まれており、学割で購読できるようになっています!
    内容はPremium Digitalのものでして、通常と同様にFinancial Timesがいつでも好きな時にネットやスマホでフルに読めます。

    もちろん、世界トップの経済紙であるFinancial Timesですから、簡単に読めるものではありません。
    ランケン経済英語スクールで講義を受けて、徐々に読めるようになって頂ければと思います。
    ただ、スクールで勉強する時間は限られていますので、普段から経済を英語で読んでいただけるように格安で提供いたします。

    >無料イントロクラスに申し込む
    (クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)

    経済って
    おもしろいの?

    ◆経済×英語のどちらも学べるのはここだけ!

    「経済英語」と検索してみるとわかるのですが、必ずトップ5に入ってくるのがランケンの経済英語スクール。
    経済と英語のどちらも学べるスクールは他にはありません!

    ◆共通のテーマがあるから盛り上がる!

    英会話スクールでは、さまざまなトピックを浅く広く扱っています。
    カルチャー、サイエンス、歴史…。
    ただ、講師や受講生はそれらのトピックの専門家ではないのでディスカッションの授業でもどうしても深い話に踏み込むことはないのです。
    ランケンの経済英語スクールは、経済に特化して英語を学んいくので「経済」というテーマが共通の話題となり
    授業中の話も大いに盛り上がります。

    ◆世界のニュースがおもしろいほどわかる!

    経済の全くの初心者にとって、大学の講義はただ機械的に教科書を読んでいくだけだし、その上専門的すぎてわからなかったりしますよね?
    マクロ経済、ミクロ経済、経済統計学、社会経済学…。
    本で勉強しようとしてもどこから学べばいいのか迷ってしまいます。
      
    当スクールの講師は大学の教授ではありません。
    だからこそ、難しい用語は使わずわかりやすい解説になっております。
      
    また、今起きているニュースを理解するのに必要なものを基礎から体系的に学んでいけるので
    今まで全く経済の勉強をしてきたことのない方も楽しく学べる内容になっております。
      

    >無料イントロクラスに申し込む
    (クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)

    特徴と
    カリキュラム体系

    ◆カリキュラム体系

    上の図は、ランケン経済英語スクールのカリキュラム体系を表しています。
    TOEIC990点の方がスクールに何人か来られた事が実はあります。
    英語力は問題ないそうですが、Financial Timesなどは読めないとおっしゃっていました。
    英語の問題ではないんです。

    当スクールでは、英字新聞をしっかりと読めるようになるために、「英語」と「経済リテラシー」の2つの軸を学べるように体系立てて作られています。
    受講生がスムーズに英字新聞を読めるようになるために以下の特徴を持っています。

    ◆英語と経済リテラシー

    全てのクラスに「英語」と「経済リテラシー」が含まれており、「経済リテラシー」を学んだ上で、それに関する英語を学びます。

    基礎編では経済の基本的な構造を学びます
    市場編では金融市場の構造と経済の関係を学びます。
    危機編では、世界で数年に一回は起こるバブル崩壊などの経済危機を学びます。
    ニュース編では、「経済リテラシー」を付けた上で実際の海外の英字新聞を読み、世界経済を理解します。

    >無料イントロクラスに申し込む
    (クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)

    Access@新宿

    関東ならどこからでも便のいい新宿にあります!
    場所は新宿の高層ビルの1つ新宿アイランドタワー20階です。

    上の写真は受付の写真ですが、受付の右奥にてスクールを土曜日に行っています。

    新宿駅から普通に歩ける距離ですが、丸ノ内線を使われる方であれば、西新宿駅はビルと直結していますので、雨が降っても傘いらずです!


    下の地図をクリックすると、地図アプリに飛びます。
    新宿の英語スクール

    >無料イントロクラスに申し込む
    (クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)

    ★Success Stories

    ★30代女性(会社員)

    Financial Times(イギリスの経済新聞)が読めるようになりました!
    今は、Financial Timesが読みやすいと感じられます。
    普段から英字新聞を読むようになれました。

    ★20代女性(会社員)
    経済初心者で飛び込みました。
    授業で扱ってるWall Street Journal などの内容が難しくて日本語に訳してもさっぱりわからなかったのですが、
    先生がその記事を読むのに必要な基礎知識や情報を教えてくれるので私でも理解できています。
    経済のしくみがわかってくると授業が面白いです。
    今では本や経済週刊誌を読んでいて楽しいです。


    ★20代男性(公務員)

    経済のリテラシーが付き、日経新聞の経済面も読めるようになりました。
    日本の将来が心配になってきましたが。。。
    英語ももっと頑張りたいです!


    ★40代女性(主婦)

    今までにないスクールで楽しかったです!


    ★30代女性(会社員)

    FXを始められました。
    世界経済の話から自分の投資まで落とし込めるのは楽しいです!
    どのクラスも面白かったです!

    ★30代男性(会社員)

    経済の動きが具体的に分かりました。
    英語の必要性を更に感じています。

    ★30代男性(会社員)

    講師の先生の話が具体的で分かりやすかった。
    実際に世界の市場で投資もやってる人なので、話が具体的でとても面白い。

    ★40代女性(アナウンサー)

    英語も怖くないかもと思えました。

    ★20代男性(会社員)

    世界情勢が分かるようになりました。
    経済の構造が分かると、次の世界を考えられるようになって議論ができて勉強になります。

    ★20代男性(会社員)

    ネットの英語に抵抗がなくなりました!
    なんとなく知っていた情報が整理・体系化されました。

    ★40代男性(自営業)

    FXで投資をしています。世界の情勢で為替レートが動くため、参加しました。講師の先生がやたらと投資やトレードの話に詳しく非常に面白いです。

    >無料イントロクラスに申し込む
    (クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)

    ★★★格安★★★

    通常の英会話スクールは1時間あたり5,000円近くします。
    ランケン経済英語スクールは、他にはない英語スクールで1時間あたり4,140円からになります!
    また、Financial Times購読のライセンス付のテキスト代が月額1,800円となります。


    ★★だれでも分かる経済英語コース★★


    6,900円/月 12か月 (税別)

    基礎編・市場編・危機編の全20コマ(各60分)を受講するクラスです。
    1時間あたり4,140円と大変お得に受講できます!


    ★★経済新聞の英語を学ぶコース★★


    6,900円/月 12か月 (税別)

    ニュース編のクラス全12コマ(各90分)を受講するコースです。
    実際の英字新聞を読んで内容を理解するクラスですので、経済リテラシーが既にある方に最適です。


    ★★経済英語を全部学ぶコース★★

    13,800円/月 12か月 (税別)

    経済英語の基礎から応用まで全32クラスを受講するコースです。
    海外の経済情報を英語で理解できるようになりましょう!

    >無料イントロクラスに申し込む
    (クリック先で日時を確認しご都合のよい日時をご予約ください)